よくある質問 | お墓、墓石の販売なら石川県小松市の木下石材にお任せ下さい。

よくある質問

質問一覧

回答一覧

最近、好きな言葉を刻んだ墓石をよく見かけます。決まりはないのですか?

仏式の場合、墓石は仏様として拝み、供養される対象ですから、本来ならその正面には題目や念仏、仏教の言葉を刻むものとされてきました。けれども、それも時代とともに変化し、最近では「夢」や「心」など、家名にこだわらない言葉や文字を刻んだ墓碑をよく見かけるようになりました。好きな言葉を刻みたい場合は、菩提寺の僧侶に相談してみるといいでしょう。

墓石には、どんな石がいいの?

値段が高ければ品質がいい、というものでもありません。よい石の条件は、まず、硬度が高いこと。そして、水を吸いにくく、石そのものに傷やむらがなく、きめが細かいこと。墓石の種類は300種類にも及ぶと言われています。見た目の美しさや値段の高さに惑わされず「耐久性」を第一に考えたほうがいいでしょう。

すぐにお墓を建てられない場合は?

事情によってすぐにお墓が建てられない場合は、まず、納骨だけをすませて墓標(墓の印として建てる柱や石など)や卒婆塔を建て、その後、墓石を建てるという方法も考えられますが、全優石の認定店では墓石ローンを扱っていますので突然の時でも安心です。

黒石でお墓を建てるのはよくないと聞きましたが?

仏教では基本となる色は赤青黄白黒の5色です。この色のどれかひとつ欠けても極楽浄土はできないと阿弥陀経にも書かれています。 従って黒はいけないという根拠はまったくありません。一般的には関西は白系統、関東以北は黒系統の石をよく使います。それは関東以北には黒系統の石が産出したが、関西には産出されなかった、という理由からです。色のタブーは全くありません。お好きな色で良いと思います。

お墓はいつ建てるとよいですか?

お墓をいつ建てたら良いという特別な決まりはありません。大切なのは供養の心です。思い立ったが吉日でよいと思います。一般的には、新盆、お彼岸や四十九日、百日、月忌、一周忌、3回忌などの法要を営むときに納骨されることが多くその時期に建てることが多いようです。最近では生前に建てる方も増えてきました。

お墓を建て替えたいのですが、古い墓はどうするの?

お墓を新しく建て替えるときは、石材店に頼んで使わなくなった古い墓を処分してもらいます。たいていの場合、お寺のご住職に「魂抜き(開眼供養)」の法要を営んでもらったのち解体工事に取り掛かります。一部の宗派ではそうした法要を行わない場合もあります。また地域によっても法要などに伝統や慣習がありますから、地元の石材店やご住職にご相談されるとよいでしょう。

寿陵墓は縁起が悪いの?

生きているうちにお墓を建てると早死にする、悪いことが起きるという人がいますがそれは迷信です。仏教の教えでは「逆修」といって、大変功徳の高い善行と説いています。事実、お釈迦様はお経の中で「生前に死後の仏事を修めておくと、その幸せは無量で計り知れない」と説いておられます。中国でも寿陵は長寿を願うめでたい墓として秦の始皇帝はじめ歴代の皇帝が作っています。日本では聖徳太子が作られています。従って生前墓がいけないという根拠はなさそうですね。

有限会社木下石材facebook
PAGETOP